文化財の紹介

富岩運河水閘施設(中島閘門)(ふがんうんがすいこうしせつ(なかじまこうもん))



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大
操作室
クリックすると画像を拡大
中島橋
クリックすると画像を拡大
放水路

閘門

 富岩運河は神通川河口右岸の富山港を起点とする運河で、水閘施設はそのほぼ中間の位置にある。
 運河左岸寄りの閘門を中心とする施設で、右岸寄りの放水路、下流側にかけられた道路用桁橋(中島橋)、閘門脇に置かれた閘門操作室・量水計並びにその敷地等からなる。
 富山市の都市計画事業によりつくられたもので、昭和5年6月工事に着手、同9年7月に竣工した。
 富岩運河水閘施設は、我が国で数少ない都市計画事業による運河閘門を中心とする施設が良好に保存されており、我が国の都市計画史上貴重な施設である。
 また、コンクリート・鉄筋コンクリート・石を適所に使いわけた構築技術は昭和初期の土木施工技術の完成度の高さを示すものとして貴重である。
 また、このほど整備事業により閘門の動態的な保全が図られたことも注目に値する。


指定・種別 国・有形文化財(建造物)

員数 1構

指定年月日 平成10年5月1日

所在地 富山市中島2丁目字浦川原割3-2

所有者・管理者 富山県

問い合わせ先 富山県土木部富山港事務所
076(437)7131

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」
富山県富山港事務所ホームページ