文化財の紹介

木造聖観音立像(もくぞうしょうかんのんりゅうぞう)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大



 真言宗常楽寺の観音堂に安置されている。
 一本の木からつくる、いわゆる一本造りであり、木が「せんだん」であることや刻み方による趣もあり、力強く神秘的である。
 十一面観音よりも早く、かつ、違った系統の作者によってつくられたのであろう。保存の状態も十一面観音と似ており、彩色がみな落ち、両手、手に持つ蓮の花、それに台座などいずれもあとで付けられたものである。


指定・種別 国・有形文化財(彫刻)

員数 1躯

指定年月日 大正15年4月19日

所在地 富山市婦中町千里6522

所有者・管理者 常楽寺

問い合わせ先 常楽寺
076(469)5277

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」