施設のご案内

名称

境A遺跡出土品


 昭和59・60年に発掘調査された境A遺跡は、縄文時代中期から晩期にかけて営まれた集落遺跡である。
 出土した玉類製作関係遺物は、縄文時代における硬玉の採取と加工の実態を示す貴重な資料として、また、磨製石斧製作関係遺物は、原石から完成品までの製作工程の各段階がよくわかる貴重な資料である。
 玉類製作関係遺物932点、磨製石斧製作関係遺物583点、土器・土製品類77点、石器・石製品類833点、木柱根7点、計2,432点が一括して指定されている。


クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大










所在地
富山市茶屋町206-3 
(富山県埋蔵文化財センタ−)
問い合わせ先
富山県埋蔵文化財センター
076(434)2814

交通案内
JR北陸本線富山駅下車バス高岡方面行呉羽山公園下車徒歩4分又は北代循環か新湊東口行県立図書館前下車徒歩1分
共通分類
文化財保護
古文書・考古学・歴史
郷土関係

種別分類
文化財
詳細関連情報
文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」