文化財の紹介

硬玉製大珠(富山県氷見市朝日貝塚出土)(こうぎょくせいたいしゅ)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大



 この大珠は氷見市の朝日貝塚で発見されたもので、上が丸く、下がややとがったカツオぶし形の珠で、緑と白が入りまじった硬玉(ひすい)で作られている。長さ15.9cm、重さが470gもあり、これほど大きく、作り方のすぐれた珠は、全国的にみても数少ない。
 硬玉製大珠は、縄文時代の中期によくつくられて、北陸を中心に中部地方や関東地方に分布しており、富山県にはとりわけ多く見つかっている。原料の石が富山県の近くにあったからと考えられている。


指定・種別 国・有形文化財(考古資料)

員数 1個

指定年月日 昭和48年6月6日

所在地 富山市茶屋町206-3 
(富山県埋蔵文化財センタ−)

所有者・管理者 個人所有

問い合わせ先 氷見市教育委員会生涯学習課
0766(74)8215

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」
富山県民生涯学習カレッジ本部ホームページ