文化財の紹介

北代遺跡(きただいいせき)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大





 縄文時代中期後半の集落跡で東西280m、南北200mに広がり、これまでに竪穴住居78棟、高床建物4棟が見つかっている。
 また住居内から縄文時代中期後半の土器とともに、磨製石斧、磨石などの石器や、三角形土製品が出土し、とりわけ三角形土製品の多いことが注目された。
 その他の遺物として、土偶、香炉様土器、土錘、土製耳飾り、打製石斧、石鏃、石皿等も数多く発掘された。


指定・種別 国・記念物(史跡)

員数 1

指定年月日 昭和59年1月4日

所在地 富山市北代字大畑3871-1
(北代縄文広場)

所有者・管理者 富山市

問い合わせ先 北代縄文館
076(436)3664
富山市教育委員会埋蔵文化財センター
076(442)4246

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」
北代縄文広場ホームページ