文化財の紹介

真川の跡津川断層(まかわのあとつがわだんそう)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大





 跡津川断層は、岐阜県から富山県にかけて伸びる総延長約60kmの右横ずれの活断層で、安政5年(1858)の飛越地震の震源になったと言われ、日本を代表する活断層のひとつ。
 指定地では、通常は岩盤が脆く、観察が難しい活断層を目の当たりにすることができる。ここでの見かけの垂直変位は、約60m。


指定・種別 国・記念物(天然記念物)

指定年月日 平成15年7月25日

所在地 富山市有峰字真川谷割22-6

所有者・管理者 国土交通省

問い合わせ先 立山カルデラ砂防博物館
076(481)1160

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」
とやまデジタル映像ライブラリーホームページ