文化財の紹介

絹本著色騎獅文殊菩薩像(けんぽんちゃくしょくきしもんじゅぼさつぞう)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大



 寺伝では、三井寺(円城寺)の画僧珍海己講(皇室の絵所預り藤原信実卿の5男)が描いたものと伝え、鎌倉時代初期の日本風の菩薩像の典型とされるものである。
 湿度の高い本県の気候の中で完全に近く、鎌倉初期の絵画が保存されて今日に至ったことは実に奇蹟に近く、本県時代絵画中の最古の作品として貴重である。


指定・種別 県・有形文化財(絵画)

員数 1幅

指定年月日 昭和40年1月1日

所在地 富山市梅沢町3-12-24

所有者・管理者 来迎寺

問い合わせ先 富山市教育委員会生涯学習課
076(443)2137