文化財の紹介

木造烏蒭沙摩明王立像(もくぞううすさまみょうおうりゅうぞう)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

他の画像を見る

 曹洞宗瑞龍寺に安置されている。
 ヒノキで部分別につくって合わせた高さ141cmの、右足1本で立つ像である。その足もとに、猪の頭をした小さな人物がひざまづいている。右手に矛を持ち、冠や光背に炎をつけた恐い姿である。衣服にはきれいな彩色があったことがその痕跡で明らかである。
 この明王は、あらゆる汚れをきれいにしてしまう不思議な力を持つというので、昔はトイレに安置されていた。だが今は、1つの建物の本尊としてまつられ、又「ひとつやいと」の本尊でもある。鎌倉時代につくられた変わった仏像として珍しいものである。


指定・種別 県・有形文化財(彫刻)

員数 1躯

指定年月日 昭和44年10月2日

所在地 高岡市関本町35

所有者・管理者 瑞龍寺

問い合わせ先 瑞龍寺
0766(25)4479

詳細関連情報 たかおか生涯学習ひろばホームページ
高岡市ホームページ