文化財の紹介

萬福寺山門(まんぷくじさんもん)



クリックすると画像を拡大
クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

他の画像を見る

 砺波市苗加にある萬福寺の山門は、県内のどの寺院にも見られることのない特色をもっている。それは、槍を立てて通れるほど高く、柱や扉には筋金を打ち、一重の屋根は豪壮な本瓦葺き(古い手法の瓦のふき方)となっている。
 建築様式からは薬医門といわれ、本柱の内の方に控柱2本を建て、屋根が棟を境として両方に流れをもつ、ちょうど書物を半ば開いて立てた形の切妻屋根の門である。
 この門は、もとは東砺波郡城端町善徳寺の表門であったが、寛政12年(1800)現在の重層山門に改築されることになったので、翌享和元年(1801)に、この萬福寺へ移されたものである。
 なお、善徳寺は戦国時代に城鼻城の跡に建てられた寺で、この門は城鼻城の大手門であったといわれる。県内に残っている城の門としては最も古く、本県の数少ない築城建築である。


指定・種別 県・有形文化財(建造物)

員数 1棟

指定年月日 昭和40年1月1日

所在地 砺波市苗加781

所有者・管理者 萬福寺

問い合わせ先 萬福寺
0763(32)2717

詳細関連情報 砺波市ホームページ