文化財の紹介

イヌワシ(いぬわし)











 本州や北海道・四国などにすみ、本州では、主として中部山岳地帯に住んでいる。翼を広げると2mにもなる。
 若鳥は、翼の下に白い斑点がありトビと間違うこともあるが、大きさが違い、老鳥になると背中が黄金色になるので、英名でゴールデン・イーグルと呼ばれる。


指定・種別 国・記念物(天然記念物)

指定年月日 昭和40年5月12日

所在地 地域を定めず

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」