学習講座のご案内

名称

U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
 カレッジ主催講座


中国で始まった漢字文化は東アジアの社会的まとまりを作りました。その知識を伝
えるためにいろいろな工夫がされ、ひとつが書籍になりました。この講座では、そ
の本の歴史をたどりながら、やがて江戸時代になると、前田家、富山藩で収集され
た漢籍・和書が教育や製薬産業に利用され、薬都富山が生まれたことについて、実
際に出されたアジアの古典籍を紹介しつつ、わかりやすく説明します。













講師
氏名 : 磯部 彰
開催期間
令和元年5月21日 〜 令和元年7月23日
火曜日
13:30〜15:30

開催施設
富山県教育文化会館
〒930-0096
富山市舟橋北町7−1(教育文化会館内)
TEL 076-441-8401
FAX 076-441-6157
申込期間
平成31年3月1日(金) 〜 平成31年4月12日(金)

申込
定員を超えたら抽選
受講費用
自遊塾負担金500円
300円程度(資料コピー費;ひとり1回5枚50円:必要経費、第3回目の講義の時に一括徴収)

講座
6回
定員 25名
10単位
主催者
富山県民生涯学習カレッジ本部

分類
生涯学習一般
 

講座
回数
開催日
開催時間
講座名
テーマ
受講形態
講師肩書きなど
講師氏名
会場
1 令和元年5月21日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
中国の漢から唐代の写本と古典文化
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、文学博士
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)
2 令和元年5月28日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
宋代の木版印刷本−アジア初の古典版インターネット
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、東北大学名誉教授、文学博士、富山市在住
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)
3 令和元年6月11日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
鎌倉時代の宋元版本の輸入と北条氏の蔵書
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、東北大学名誉教授、文学博士、富山市在住
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)
4 令和元年6月25日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
豊臣時代の明代書籍文化−前田利家の蔵書と豊臣秀次
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、東北大学名誉教授、文学博士、富山市在住
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)
5 令和元年7月9日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
富山前田家の漢学文化−本草学と薬学
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、東北大学名誉教授、文学博士、富山市在住
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)
6 令和元年7月23日(火) U1507 東アジアの本の歴史と藩校広徳館−藥都富山の蔵書
富山藩広徳館の出版と蔵書の行方−本草通串と前田利保
富山大学人文学部助教授・教授16年間、東北大学東北アジア研究センター教授20年間、東北大学名誉教授、文学博士、富山市在住
磯部彰
富山県教育文化会館(203号室)