施設のご案内

名称

本法寺


 法華宗別院、長松山本法寺は、正和5年(1316年)に法華宗総本山本成寺(ほんじょうじ)開祖、日印(日蓮の孫弟子)の弟子、日順上人により建立されました。北陸道総末頭本山と定められ、北陸道布教の中心地となりました。もと城生村にあったが、城主没落後、現在地に移りました。赤松の巨樹たちが深く歴史を語る山里の静かな寺であり、山門や鐘楼堂の彫刻が見事。国の重要文化財指定の「法華経曼荼羅絵図21幅」は寺宝となっています。


クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大








所在地
〒939-2325
富山市八尾町宮腰1580
TEL 076-454-3306
FAX 076-454-3306
利用案内
予約申込必要

料金案内
法華経曼荼羅拝観 大人500円
他の施設は無料
交通案内
JR八尾駅から宮腰行バス本法寺下で下車徒歩7分

マイカー・駐車場案内
一般地方道掛畑・井田新線、外堀地内。八尾町より15分
主要設備
国宝殿
資料展示室汲古閣
客殿
松楓園(中庭改造)
駐車場 40台 無料
展示室 1室 有料
公衆便所 
障害者専用便所

共通分類
古文書・考古学・歴史
種別分類
資料館

詳細関連情報
http://www.info-toyama.com/spot/11049/