視聴覚教材のご案内

名称

教材機材コード 00038
おかあさんが泣いている



子どものしつけとは、子どもの人格を認め、内在する可能性を伸ばしてやる過程に他ならない。 しかし、それがともすると親の意志の一方的な押しつけになりがちである。 本当のしつけとは、親と子が心から信じ合った時、はじめてその効果が現われる事を子どもの心の起伏を通じて示唆する。





クリックすると画像を拡大








メディア区分など
16ミリ映画
劇映画
カラー
30分(枚)
1本所蔵
富山県に関しない内容
リーフレット 無
企画・制作など
企画・制作 東映教育映画
購入・寄付 昭和46年度

利用対象
小学校
中学校
少年
青年
婦人
成人
分類
家庭教育
育児
精神衛生・人間関係
道徳

所蔵ライブラリ・貸出条件
・利用料金
富山市教育センター
ライブラリ内
無料