文化財の紹介

銅錫杖頭附鉄剣(剱岳発見)(どうしゃくじょうとうつけたりてっけん(つるぎだけはっけん))



クリックすると画像を拡大








 錫杖頭は明治40年7月、参謀本部陸地測量部員の故柴崎芳太郎氏が、人跡未踏と信じられていた剣岳頂上をきわめたおりに、山頂で発見されたものである。
 錫杖頭は長さ13.4cm、輪経10.9cmのうちわ状の輪郭をしており、輪の下部は内側に巻込み蕨手になっている。細部は欠落して環も失われているが、全体的に古拙で力強い感じがする。
 鉄剣(鎗の穂?)は、長さ22.6cm、茎長2.0cmの両刃造りである。いずれも奈良時代後半から平安時代初期の作と推定されている。同時期の錫杖は全国に10点前後しかなく貴重なものである。


指定・種別 国・有形文化財(工芸品)

員数 1柄 1口

指定年月日 昭和34年6月27日

所在地 立山町芦峅寺93-1
(立山博物館)

所有者・管理者 富山県

問い合わせ先 富山県立山博物館展示館
076(481)1216

詳細関連情報 文化庁ホームページ「国指定文化財等データベース」
富山県埋蔵文化財センターホームページ「霊峰立山の文化財ガイド」