イベントのご案内

名称

高志の国文学館 企画展 生誕170年 ラフカディオ・ハーンの共感力 ―発見、探求、そして発信へ


ラフカディオ・ハーンは、40歳になる明治23年に初めて来日し、亡くなるまでの14年間に、紀行文、随想、文化論、民間伝承や古典に基づく再話文学など、日本に関する数々の著作を残しました。本展では、自身の体験に基づく日本文化論、日本の物語をもとにした文学作品、日本の学生たちに語った文学論等を通じて、開かれた精神をもつハーンの、共感力豊かな文学の世界を探ります。


クリックすると画像を拡大

クリックすると画像を拡大



チラシ おもて

チラシ うら




開催期間
令和2年4月11日(土) 〜 令和2年6月22日(月)
9:30〜18:00
※観覧受付は17:30まで
休館日:毎週火曜日、5月7日(木)※5月5日(火・祝)は開館
開催施設・問い合わせ先
高志の国文学館
〒930-0095
富山市舟橋南町2-22
TEL 076-431-5492
FAX 076-431-5490

参加費用
観覧料:一般400円(320円)、大学生200円(160円)
一般前売り320円(※販売期間4月10日(金)まで)
※( )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
詳細関連情報
高志の国文学館

共通分類
文学・文芸
種別分類
きく
みる

関連イベント
詳しくは、チラシをご覧ください。